開催要領

文部科学省科学研究費特定領域「東アジア出版文化の研究」G班ジョイントセミナー

漢籍の情報化-これからの出版文化-

 情報処理技術の発展により、人文科学の分野においても、大きな変化が起こりました。以前には文字コードの問題やネットワークの未発達などから、扱うことが難しかった漢籍データについても、昨今は大規模なデータベースや電子テキストが使われるようになってきました。電子技術の発展は、出版文化の変化にも関わる問題です。漢字文献情報処理研究会では早くからこういった問題に取り組み、検討を重ねてきました。また特定領域科学研究費「東アジア出版文化の研究」のG班においても、情報と出版文化のかかわりを探る試みが行われてきました。今回のセミナーでは、漢籍の情報化の現状を明らかにすると同時に、「何ができるのか、これからどうすべきなのか」を広く討論したいと思います。そのため、セミナーでは、これまでの漢籍データベース・電子テキストの歩み、それから現状の問題点、漢字コードとOS、ソフトウェア・ネットワーク技術、漢籍電子化の法律上の問題、人文科学的手法と情報化など、多面的な現在の視点から「これからの出版文化における漢籍」までを徹底的に検討します。セミナーということから、専門的な議論のみに傾くことなく、多くの方の来聴をお待ちします。

日時
2004年12月4日(土)13:00-17:00
会場
関西大学尚文館1階マルチメディアAV大教室

総会(12:00~12:30)

漢情研会員のみ

大会

研究発表(13:00~14:30)

  • 漢籍コーパスの歩みと現状
    • 山田崇仁(独立行政法人日本学術振興会特別研究員PD)
  • 漢籍テキスト処理の現状と展望
    • 秋山陽一郎(京都大学人文科学研究所COE技術補佐員)
  • 漢籍と電子出版
    • 野村英登(東洋大学講師)

パネルディスカッション「漢籍の新しい形-ネットワークとアーカイブ-」(15:00~17:00)

  • 司会
    • 二階堂善弘(関西大学助教授)
  • パネラー
    • 相田満(国文学研究資料館助手)
    • 石岡克俊(慶応大学産業研究所助教授)
    • 守岡知彦(京都大学人文科学研究所付属漢字情報研究センター助手)
    • 師茂樹(花園大学専任講師)

懇親会(17:30~19:30)

会場
関西大学生協BONPLAT
会費
一般5000円/学生・院生3000円

※要申し込み → 申し込みフォーム

諸注意

  • 入場無料・参加自由
  • 懇親会は要申し込み → 申し込みフォーム
  • 当日会場にて、『漢字文献情報処理研究』・『電脳中国学II』等の特別販売を実施します。

Last-modified: 2018-10-20 (土) 15:51:08