シンポジウム「教育・研究資源としてのデジタルアーカイブ:その管理・活用・保存」

開催要領

主催
東京大学経済学部資料室、漢字文献情報処理研究会
共催
科学研究費補助金・基盤研究(B)「情報時代における中国学研究・教育オープンプラットフォームの構築」16H03351、
同・基盤研究(B)「『図書館資料保存論』に関する基礎的研究」15H02786、
同・挑戦的萌芽研究「情報化時代における新たな史料学構築の可能性:『唐六典』を例として」15K12938、
同・挑戦的萌芽研究「日本の洋式製本の技術伝播に関する歴史的研究:洋装本資料保存のための基盤整備」16K12543
同・基盤研究(B)「逐次刊行物データベースを利用したインドシナ3国出版思潮の研究」17H01834
開催日時
2018年7月21日(土)午後1時より午後5時30分
会場
東京大学大学院経済学研究科学術交流棟(小島ホール)2階
小島コンファレンスルーム
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

概要

 学術研究や教育への利用を前提として、デジタルアーカイブはいかに設計・製作されるべきか、大学図書館や研究者はどのようにデータを管理し保存すべきかなど、デジタルアーカイブの管理・活用・保存について、大学図書館の具体的な取り組みや海外における事例などに基づいて討論を行います。

 (なお、本シンポジウムの内容は2018年1月20日に花園大学で行われた漢字文献情報処理研究会第20回大会の特別セッション「デジタルデータの利活用と長期保存:大学図書館および人文・社会系研究者の役割」の内容と一部重なる部分があります。)

プログラム

趣旨説明(小島浩之)

(1)安形麻理「デジタルアーカイブと研究者の役割:構築、利用、分析の側面から」(慶應義塾大学文学部)

(2)森脇優紀「欧文マニュスクリプトにおけるテキスト化・デジタル化の現状・課題・可能性」(東京大学大学院経済学研究科)

(3)小島浩之「史料批判とデジタルアーカイブ:『大唐六典』と『皇明条法事類纂』を例として」(東京大学大学院経済学研究科)

休憩(14:35-15:00)

(4)中村覚「東京大学デジタルアーカイブズ構築事業:学術資産の利活用に向けた取り組み」(東京大学情報基盤センター)

(5)西岡千文「京都大学貴重資料デジタルアーカイブでの取り組み」(京都大学附属図書館)

(6)矢野正隆「「デジタル化」再考 : 媒体変換の前と後」(東京大学大学院経済学研究科)

総合討論(16:30-17:30)
 司会:二階堂善弘(関西大学文学部)

お知らせ

入場無料。当日受付の円滑化のため、事前出席登録にご協力願います。

シンポジウム終了後に懇親会を行います(要申込)。

懇親会

会費5,000円、場所未定。要申込


Last-modified: 2018-06-25 (月) 13:59:03