待望久しい電脳中国学の新バージョン!Windows 2000+Office XP環境に完全対応、初心者から上級者まで、東洋学研究ツールとしてのパソコン使いこなし情報満載!

漢字文献情報処理研究会 編
好文出版 2001年11月刊
A5判 368頁
定価 本体3,200円+税
ISBN4-87220-052-7
『電脳中国学Ⅱ』表紙

目次

  • 第0章 ナビゲーター
  • 中国語のホームページが見たい
  • 中国語には特別なソフトが必要
  • 中国語のメールを書くには?
  • ワープロを使い倒そう
  • 中国のソフトを使いたい
  • 第1章 パソコン入門
  • パソコン基礎の基礎
    • パソコンと周辺機器の選び方
    • パソコンの仕組みと周辺機器
    • インターネットをどう繋ぐ?
    • パソコンの選び方
    • パソコンの作法
  • 第2章 Windowsを味方にしよう
  • Windows2000で日本語・中国語
    • Windows2000の基礎
    • どうしてWondows2000?
    • デスクトップ各部の名称(Windows2000)
  • Windows2000の中国語設定
    • 言語とIMEを追加する(office XP未インストール時)
    • 言語とIMEを追加する(office XPインストール時)
    • フォントと文字コード
  • 日本語IMEを使いこなす
  • コンピュータと日本語入力とを仲立ちするIME
  • MS-IME2002
    • IMEツールバー(office XP)
    • 入力方法
    • 辞書の設定
    • 漢字の検索
  • ATOK14
    • 単語の登録
    • 辞書セットの設定
    • 漢字の検索
  • 中国語IMEの使い方
    • ワープロとIMEの関係
    • 微軟拼音輸入法2.0
    • 微軟新注音輸入法98
    • Chinese Writer V5
    • 楽々中国語(cWnn5)
  • ハングルを使うには
    • 入手・インストール
    • 基本操作
    • 入手方法
  • 第3章メールとインターネット
    • インターネットのなりたち
    • インターネットの歴史
      • インターネットはバケツリレー
      • メール、WWW、FTP
    • メールソフトで中国語
      • Outlook Express
      • Netscape Mail
      • Becky!2
      • その他のメールソフト
      • 電子メールのエチケット
  • インターネット中国学への入り口
    • 中国語のホームページを読む
      • Internet Explorer
      • Netscape Navigater
    • 情報検索の起点
      • ポータルサイト
      • Googleのテクニック
    • 本や論文をさがす
      • 国内の図書と論文
      • 中国・台湾の論文検索
      • オンライン書店
    • 定番古典データベース
      • 台湾中央研究院
      • 寒泉
      • 華夏文庫
      • 全唐詩全文検索系統
    • 仏典
      • CBETA
    • オンライン図書館
      • オンライン図書館と著作権問題
      • 超星電子図書館
      • 中国古典文献
      • 中国近現代文学
    • 新聞とニュース
      • 人民網
      • ニュースのメール配信サービス
    • 政府の公式情報
      • 中国
      • 台湾
    • 中国語のホームページを作る
      • ホームページ?
      • ホームページの中身
      • HTMLとは?
      • タグ
      • リンク
      • その他の大切な情報
    • 画像の注意点
      • さまざまな画像の形式
      • ツールを駆使する
    • サーバとFTP
      • サーバとクライアント
      • FTP
    • Frontpage2002
      • 入手・インストール
      • 中国語の設定
      • 中国語ホームページを作る
    • Netscape Composer
      • 入手・インストール
      • 中国語の設定
      • 中国語ホームページを作る
    • 清く正しいHTMLを目指そう
      • HTMLを採点してみよう
      • 常識?非常識?
  • 第4章 MS Officeと一太郎
    • MS Office・一太郎を使う準備
    • はじめに
    • ビジネスソフトの人文学的使いこなし
    • MS Officeの概要とセットアップ
      • MS Officeの種類
      • Office XPのインストール
      • 一太郎の購入とインストール
    • MS Office・一太郎を使いこなす
      • Word・一太郎の得意不得意
      • 満漢全席ソフト
    • 文書作成の準備
      • 多言語機能を追加する
      • Word画面の名称
      • 一太郎画面の名称
      • Wordのお節介機能をOFFにする
    • 文書作成の流れ
      • 文書の新規作成・読み込み
      • 文書の編集
      • WordでUnicode漢字6万5千字を使いこなす
      • 文書の保存
      • 文書の印刷と注意点
    • クールなレジュメを作る
      • ナビゲーション
      • レイアウトを考える
      • 文字・行・段落を選択する
      • フォントと行間隔の設定~設定の基本
      • 文字揃えとタブ、インデント
      • 段組を設定する
      • 図形を使う
      • ワードアートを使う
      • テキストボックスを使う
      • ホームページの中国語を引用する
      • 置換と検索の便利な使い方
      • ピンインを入力する
      • ルビを振る
      • 表を挿入する
      • 箇条書きを使う
    • レポート・論文を効率的に書く
      • ナビゲータ
      • 文書の構成を考える
      • ページ番号と作者名・題名を全ページに
      • 脚注をつける
      • 段組の中を二段に分ける
      • 訓点を打つ
      • 割り注を使う
      • 画像を挿入する
      • 目次を自動で作る
      • データ入稿の注意点
    • 今昔文字鏡で九万字
      • Mjikyo Character Mapで文字鏡世界をさわる
    • 更に高度な使いこなし~スタイルとテンプレート
      • スタイル機能を使いこなす
      • テンプレートを使いこなす
    • MS Office Proofing Tools
    • Proofing Toolsの導入と使いこなし
      • ProofingToolsとは
      • ProofingToolsの機能
    • ExcelとPower Pointのコツ
      • Excel2002
      • Excelの基本画面
      • Excelの基本
      • Excelで多漢字を扱う
      • 簡易データベースとして使ってみよう
      • 終わりに
    • Power Pointとは
      • マルチリンガルプレゼンテーションの作成
  • 第5章 海外のソフトを使うには
    • 海外ソフトと言語の壁
    • 海外ソフトを使う
      • 言語の壁
      • 海外のソフトを使う方法
    • Windows2000とWindows2000多言語版で海外ソフト
      • 日本語版Windowsの動作言語を切り替える
      • Windows2000多言語版とは?
      • 導入の準備
      • Windows2000多言語版のセットアップ
      • Windows2000多言語版の言語切り替え方法
    • VWwareで複数Windowsを同時使用
      • 切り替え使用から同時使用へ
      • 海外版Windowsの入手
      • VMwareを使ってみる
    • システムコマンダーでマルチブート
      • Windows98/Meなら日中之星
    • 厳選!中国語学術ソフト紹介
      • 四庫全書全文検索版CD-ROM
      • 中国大百科全書
      • 青蘋果の文献データCD-ROM
    • 第6章 これからの電脳中国学
      • 電脳中国学の展望
    • テキスト処理のプラグマティズム
      • 検索その先へ
      • データを共有する利点・番外編
      • マークアップその先へ
      • Nグラムで見えてくるもの
      • まとめ
    • 人文学的なコンピュータ教育について
      • はじめに
      • テキストを中心とした情報処理教育
      • 多漢字情報処理授業
      • おわりに
      • 今後の人文系情報処理教育の展望
    • 変貌する電脳中国学
      • はじめに
      • 量から質へ
      • 進む学際化
      • おわりに
    • 電脳中国語教育
      • CALL開発からCALL活用へ
      • マルチメディア中国語教育
      • ネット教育標準化への取り組み
      • 教材共同製作へ向けて

購入方法

  • 全国の中国書籍店・有名書店にてお求めください。
  • 店頭に無い場合は、書店に注文してください。
  • どうしても書店に入荷できない場合は、下をクリックしてオンライン通販をご利用ください。

オンライン通販窓口


Last-modified: 2018-10-20 (土) 15:51:08