• 好評発売中!

本論文集はこれまでの漢情研の活動の総括といえるものであり、さらに1990年代から続いているIT化時代への漢情研会員の各自の問題意識の表れといった性格も持っている。むろんIT技術の発展はめざましく、たかだか5年のうちに状況が全く変わってしまう場合もある。それでもその時々の問題について整理し、記していくことは非常に有用であると考える。” (「まえがき」より)

漢字文献情報処理研究会 編
好文出版 2016年3月刊
A5判 144頁
定価 本体2,500円+税
ISBN978-4-87220-196-3
『論集:中国学と情報化』表紙

目次

  • 電子テキストの発展とさらなる問題点    二階堂 善弘
  • 中国古典文献の電子テキストをめぐって――歴史・技術・評価    千田 大介
  • デジタル時代の文献目録    師  茂樹
  • 『中国古今地名大辞典』のデジタルテキスト作成とWordPressを利用したWebデータベースの構築について    山田 崇仁
  • 南宋告身二種管見――併論:インターネット情報と歴史学研究    小島 浩之
  • 中国近現代史研究における研究情報のデジタル化    佐藤 仁史
  • 明朝体漢字字形生成エンジンの評価    上地 宏一
  • 中国語入門授業におけるCLIL 導入支援とICT利用    田邉  鉄
  • 読み書きと情報処理    伊藤 文生

購入方法

  • 全国の中国書籍店・有名書店にてお求めください。
  • 店頭に無い場合は、書店に注文してください。
  • どうしても書店に入荷できない場合は、下をクリックしてオンライン通販をご利用ください。

オンライン通販窓口


Last-modified: 2016-03-27 (日) 20:04:41